[ACCESS]3340 クエリは破損しています。対処方法図解入り

ACCESS

概要

Windowsアップデートを実行の後、一部のクエリが動作しない3340 クエリが破損しています。英語版ですと”Query is corrupt.”

原因

Microsoftの更新プログラムのバグ

問題となるバージョン (一部)
Access2016 クイック実行版:1910 ビルド 12130.20344

対応方法

使用しているAccess(Office)のバージョンによって異なる(詳しくは後述)

Access2010 :KB4484127 ・・・を削除する
Access2013 :KB4484119 を削除する。または過去のバージョンに戻す
Access2016 「今すぐ更新」でさらに修正版をインストールする。または,KB4484198 をインストールする。または,KB4484113 , KB3085368を削除する
Access2019 (Version 1910) :「今すぐ更新」でさらに修正版をインストールする

Access2010,Access2013 利用者

Access2016については後述

作業の概要
該当する更新プログラムを削除し,当面Windows Updateを一時停止させる

更新履歴を表示させる

1.スタートメニューから設定 をクリック

2.「更新とセキュリティ」

3.左欄の「Windows Update」をクリックし,右欄の「更新の履歴を表示する」をクリック

4.「更新プログラムをアンインストールする」をクリック

問題となっている更新プログラムを選択しアンインストール

5.検索ボックスに「 KB4484127 」を入力し 「→」で検索。リストに何も表示されなければ,「 KB4484119 」「 KB4484113 」「KB3085368」と検索文字を変更する

6.リストにでてきたら,選択して右クリック「アンインストール」

7.「アンインストール」をクリック

しばらく待つ

8.「OK」で完了。

他のAccessバージョンもインストールされている可能性もあるので,前述の 他のKBxxxxxxxx も検索ボックスに入力して,アンインストールを行う

該当のKBxxxxxxx が全く無い場合

クイック実行版のAccessを使用している可能性があります。その場合アンインストールするKBが見つかりません。現在の対処方法としては,Access2013の修正版が公開されていませんので,下記の方法でAccessを以前のバージョンに戻します。

管理者として実行のコマンドプロンプトにて

Access2013クイック実行版の場合
“%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun\officec2rclient.exe” /update user updatetoversion=15.0.5179.1000

修正版が公開されるまでWindows Update を止める(KBのアンインストールを行った人の場合)

マイクロソフトによると,この件の修正版が 2019/12/10 に公開されるとのことです。それまでの間再びバグ版がインストールされてしまわないよう,Windows Update を一時的に止めるようにします

前述の手順で出てきた,Windows Update の画面を表示させます。その中に「更新を7日間一時停止」があります。それを必要回数分クリックします。

更新を7日間一時停止をクリックすると

更新が再開される日付を 2019/12/10 より後 にする。「更新をさらに7日間一時停止」をクリックすると加算されていく。

ポイント
もし必要以上に再開日付を後ろにしてしまった場合は,「更新の再開」ボタンを押すと リセットされる。もう一度適切な日付までやり直せる。

メモ
OSの再起動は不要でした

メモ
WSUSでも既に配布扱いになっている。[削除の承認]を行い、順次削除されるようにする。

Access2016, Access2019, Office365 利用者

クイック実行版(Windows Updateを利用せず,Officeのみの自動更新)を使用している場合は「今すぐ更新」よりアップデートを行います。Access2016, Access2019 (Version1910) については 2019/11/18 に修正版が公開されました。

Access2016 クイック実行版の場合,上記の画面の右下にある バージョン情報で
バージョン 1910 (ビルド 12130.20390 クイック実行)以降のビルド番号となれば問題解決

[今すぐ更新]ボタンがない,または更新しても改善されない場合

更新プログラムを手動でインストールします。まずは使用しているAccessが 32bit か 64bit版 かを調べます。上記の画面の 「Accessのバージョン情報」でわかります。

以下のリンクより,対応する更新プログラムをダウンロードしてインストールします
Access 2016 32bit 版 KB4484198
Access 2016 64bit 版 KB4484198
Access 2019 32bit 版 まだ未公開(2019/12/10 予定)
Access 2019 64bit 版 まだ未公開(2019/12/10 予定)

メモ
利用しているAccessがクイック実行版であるなら,上記の更新プログラムをインストールしても「このパッケージをシステムにインストールすることによって影響を受ける製品はありません。」というメッセージが表示されます。クイック実行板の修正が公開されるまで待つか,Officeを前のバージョンに戻すことになります。公開されれば,前述の「今すぐ更新」で修正されるるようになります。

プロパティ

Access 2010
Access 2013
Access 2016
Access 2019
Office365

コメント

  1. 茨田 成章 より:

    access2016使っております。手順従い更新プログラム(KB4484198)を実行しましたが
    下記メーッセイジがでます。どのように対処すればよいか教示いただけないでしょうか

    “このパッケージをシステムにインストールすることによって影響を受ける製品はありません”

    • tfujii より:

      お知らせいただいたメッセージが表示される場合は,クイック実行版 のAccessを利用されているのかと思います。その場合は,「今すぐ更新」ボタンによる更新を試してみてください。こちらでテストしたところ,Access のバージョンが 1910 ビルド 12130.20390 となり 問題が発生しなくなりました。なお,何度か「今すぐ更新」ボタンを押さないとだめでした。(マイクロソフトのサーバーが混雑?)

  2. 池田朋子 より:

    Windows7、Access2013を使用しています。
    記載の通りに問題の更新プログラムを検索してもらいましたが、検索に引っかからず、問題解決ができずにいます。
    記載以外のプログラムが問題になっていたりするのでしょうか。

  3. 大濱 康夫 より:

    ACCESS2013を使用し、システムの開発・保守を行っておりますが、
    当該トラブルを知り、更新を無効としておりましたが、再起動した結果、
    バージョンが15.0.5189.1000に更新されてしまい、当該エラーが発生しました。
    そこで、対処方法「該当のKBxxxxxxx が全く無い場合、下記の方法でAccessを以前のバージョンに戻します。」を実行したところ、以前のバージョン5179に戻り、解決しました。

    ほんとうにありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました