[Access2019]ランタイム版 オフライン サイレントインストール

ACCESS

概要

Access 2019 ランタイム の サイレントインストールを行う方法

事前情報

Access 2016 まであった ラインタイムのイントーラー は Access 2019 以降なくなったようです。代わりに 「Microsoft 365 Access Runtime」を使用することになります。

また このランタイムは クイック実行版 のみであり,MSI版のOfficeがすでにインストールされている場合,インストールできない ということが発生するようです。この場合はすべてクイック実行版にする必要があるとのことです。(詳しくは下記サイト)

サイレント インストーラーの作成

Office 展開ツール ダウンロード

Microsoft 365 Office Deployment Tool (Office展開ツール) を下記のサイトからダウンロードします。

configuration.xml の作成

メモ帳等で以下のテキストファイルを作成します

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Monthly">
    <Product ID="AccessRuntimeRetail" >
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
 <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
</Configuration>

ファイル名 「configuration.xml」として,上記でダウンロードした setup.exe と同じディレクトに保存します。

<Add OfficeClientEdition=”32″> ← 64bit 版を使用するなら 64 にします。

他の項目の詳細際は
https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/office-deployment-tool-configuration-options

オフライン用のインストールパッケージをダウンロード

コマンドプロンプトにて OfficeSetup のディレクトリまで移動し
setup /download configuration.xml
を実行します

Office フォルダが自動生成され,インストールに必要なファイル一式がダウンロードして保存される。Office フォルダの中身は およそ 2.89 GB

上図の2ファイル+1フォルダが オフラインサイレントインストールに必要なファイル一式となります。

オフライン サイレントインストールの方法

インストールを実施するPCにて
setup /configure configuration.xml

インストール後,アプリと機能の一覧では 2016 と表示されるが,実質は 2019 のようです。

ちなみに Access 2016 ラインタイムをインストールした場合は 16.0.4288.1001 となります。

サイレントアンインストール

uninstall.xml ファイルを作成します。中身は以下の通りです。setupと同じフォルダに保存します。

<Configuration>
<Remove All="TRUE">
  <Product ID="AccessRuntimeRetail" >
 </Product>
</Remove>
 <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
</Configuration>

setup /configure uninstall.xml
で削除されます

プロパティ

Windows 10
Access 2019

コメント

タイトルとURLをコピーしました