[OCI]Windowsライセンス認証 (slui.exe) が失敗

Oracle Cloud

概要

Oracle Cloud にある Windows Server は Oracle社提供のイメージで構築している場合,ボリュームライセンスとなっている。そして,定期的に オラクル社が管理している KMS サーバーに認証を行ってボリュームライセンスの有効期限を常に 170-180日 に保っている。

何らかの理由でライセンス認証が失敗すると,アプリケーションログに

ライセンス認証 (slui.exe) が失敗しました。エラー コード:hr=0xC004F074

が記録される。

復旧方法

認証を手動で実行するコマンド

slmgr /ato

再認証がなされ,結果がメッセージボックスで表示される。

NGの場合,「エラー:0xC004F074 ソフトウエア ライセンスサービスで,コンピューターのライセンス認証ができなかったことが報告されました。キー管理サービス(KMS)に接続できませんでした。」

OKだと,認証できた旨 表示される。

KMSサーバーへの通信ができているかどうか確認する

以下の通信テストコマンドを Power Shell 実行する

test-netconnection -computername 169.254.169.253 -port 1688

※ 169.254.169.253 が OCI内にある Oracle社のKMSサーバー。外部からはアクセスできません。コンピュートOSのファイアウォールでブロックしていないかどうか確認します。

TcpTestSucceeded : True になっていれば とりあえずファイアウォール系は問題なし

認証先のKMSサーバーの指定を確認する

以下のコマンドで状況を確認する

slmgr /dlv

以下のようなメッセージボックスが表示される。
登録KMSコンピューター名:169.254.169.253:1688
KMSコンピューターのIPアドレス:169.254.169.253

となっているか

内容が違っていたら,KMSサーバーを手動で指定する

以下のコマンド

slmgr /skms 169.254.169.253:1688
slmgr /ato   ・・・手動で認証を再実行する

通信には問題ないのに,認証されない場合

NICのIPアドレスの登録場所を変更してみる

セカンダリープライベートIPアドレスを使用している場合,要注意です。TCP/IPの設定画面で最初に登録するIPアドレスは,OCIで指定されたプライマリプライベートIPアドレスでなければなりません。以下の画面(全般)の場所にセカンダリーIPを登録していると,KMSサーバーと通信はできるが認証を受け入れてくれません。プライマリIPにします。

セカンダリープライベートIPは詳細設定ボタンから登録する

認証状態チェックできる便利なコマンド

認証の有効期限を表示

slmgr /xpr

さらに詳細は

ボリューム ライセンス認証情報を取得するための Slmgr.vbs オプション
Slmgr.vbs スクリプトで使用できるオプションを一覧表示し、その使用方法について説明します

プロパティ

Windows Server 2019

コメント

タイトルとURLをコピーしました