[Oracle]19cのEMが貧弱過ぎて使えないのですが…今なら大丈夫

Oracle

概要

Oracle 19.3 をインストールし,Oracle Enterprise Manager に接続したもの,モニタリングの項目しかなく,構成・表領域・初期化パラメータなど肝心な設定項目がなーんにもない。

JETはまだ開発段階だそうで

19cの OEM は Oracle JET というので開発しているそうです。過去バージョンは Flash ベースで作成されていましたが,Flashがサポートされなくなるため変更しているとのこと。

そう,まだ 開発途中 !ということです。(19.3)なので,OEMに接続しても必要な機能が使えないのです。画面にな~んにも表示されないと感じるのは当然なのです。

Flashベースに戻す方法が用意されている

サーバーに sqlplus でログインして,sys dba ユーザで以下のSQLを実行します。

@?/rdbms/admin/execemx emx

しばらく待ちますと セッションが変更されました となり完了

では再び EMに ブラウザからアクセスしてみましょう。懐かしい?ログイン画面に変わります。なお,ブラウザでFlashを有効にすることを忘れずに。

構成・記憶域(表領域)・セキュリティ など必要な機能が使えるようになります。

JET版に戻すには?

ちなみにもとに戻すには,sqlplus にて sys dba ユーザーにて以下のSQLを実行

@?/rdbms/admin/execemx omx

プロパティ

Oracle 19.3 (非CDB環境)
Windows Server 2019
クライアント:Windows10 , Google Chrome バージョン: 84.0.4147.89(Official Build) (64 ビット)

コメント

タイトルとURLをコピーしました