[Windows Server] 記憶域のディスク交換

Windows

概要

記憶域プールで使用しているディスクを交換する場合の手順
シンプルの場合はデータ保証なし

手順

状況によって手順が分かれる

新HDDを増設できるなら

USB外付けでもSATAでもいいから,旧HDDを取り外さずに増設できるなら,サーバーにひとまず増設させて,記憶域プールに追加させる。それから, 記憶域プールにある,物理ディスクの一覧から「ディスクの削除」をする。

仮想ディスクの再構築が始まる。終わるまで絶対にHDDの抜き差しをしたり,記憶域プールの物理ディスクの追加や削除をしてはいけない。(OSの再起動は大丈夫)

注意

再構築が始まったあと,すぐに「正常」と仮想ディスクのプロパティで表示されることがあるが,実際には終わっていないことがある。Power Shell の Get-Storagejob  で確認して本当に完了するまで待つ。

新HDDを組み込むには,旧HDDを物理的に取り外さなければならない時

この場合はPower Shellを使って,旧HDDを「停止」扱いにする

Set-PhysicalDisk –FriendlyName PhysicalDisk1 –Usage Retired

緑の部分は指定するディスク。下図の画面で確認できる。または,get-physicaldisk でも取得できる。
くれぐれも他のディスクを誤って使用中止にしないこと。してしまった場合は,使用開始に戻して 確実データの再構築が終わってからやり直すこと。データを飛ばしてしまう。

停止ができれば,該当HDDを取り外し,新HDDを接続する。そして,記憶域プールに追加させる

新しいディスクが記憶域プールに正常に追加されれば,旧ディスクを右クリックして「ディスクの削除」をクリックします。

仮想ディスクの中で,!マークがついているものを右クリックして「修復」させます。これで新しいHDDにデータの書き込みがなされていきます。終わるまでそのまま放置。 おわるまでディスクのさらなる交換や拡張はしてはだめ。2つ以上外すと復旧できなくなる。

備考

  • 新HDDは旧HDDと同容量またはそれ以上の容量がなければなりません。
  • AFT,非AFTは問いません。
  • USB接続で構築したHDDをあとからSATAに接続し直しても普通に動作します。(OSは念の為シャットダウンさせてから作業するほうが無難)
  • 修復状況を知るには,Power Shell にて  Get-Storagejob  を実行する。完了パーセントが表示される

プロパティ

Windows Server 2012

コメント

タイトルとURLをコピーしました