[Hyper-v]第1世代から第2世代へ変換

Windows

準備

必要なスクリプトファイルをダウンロード
https://code.msdn.microsoft.com/windowsdesktop/Convert-VMGeneration-81ddafa2

ゲストOSにて以下を実行

  1. reagentc /disable
  2. シャットダウン

ホストOSにて

  1. Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュールをインストール
    hyper-v1
  2. Powershell を管理者モードで起動
Set-Executionpolicy
Unrestricted
Y
cd スクリプトファイルを保存したディレクトリ
.\Convert-VMGeneration.ps1 -VMName "仮想マシンの名前" -Path e:\(変換先フォルダ)
実行しますか? R を選択
Verify this ・・・  Y を選択

変換が始まる

スポンサーリンク
  • 変換先 に指定したフォルダに “仮想マシン名
    (Generation 2)” というフォルダが作成されて、そのままHyper-vに取り込まれる。(インポート不要。なので、本番の保存場所を指定するほうが良い。フォルダ名がブサイクであれば,あとでhyper-v管理マネージャーで移動させればよい
  • スクリプトファイルの実行は 相対パス でしか受け付けてくれない。 なので, .\ という記述になっている。
  • 仮想マシン名 は hyper-v 管理マネージャー でリストに表示されている仮想マシンの名前
  • 変換中はVHDファイルがホストマシンにてマウントされます。変換が終わるでアクセスしないように注意

ゲストOS起動後

reagentc /enable  で元に戻しておく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
#フォローする
18社の送料無料商品を最安値検索
送料無料の商品を一括検索
TKSOFT

コメント

タイトルとURLをコピーしました